掛け時計ブランド「カシオ」の創業期は?

現在では、計算機(電卓)だけでなく、コンピュータや掛け時計、印刷機なども製造しているカシオ計算機ですが、創業メンバーの中心となったのは、樫尾忠雄氏になります。

1917年に高知県で生まれた樫尾忠雄氏は、カシオ計算機を育ててきた樫尾4兄弟の一人として非常に有名な人物になります。

樫尾忠雄氏は、高等小学校を卒業後、見習いの旋盤工として働きますが、腕の良さを認められ、さらなる技術・知識の習得のために、現在の早稲田大学に通うことになります。

その後、いくつかの職場を経験して、1946年に「樫尾製作所」を創業することになります。

当時は、精密機械の加工を下請けで請け負うことが多かったものの、後に弟の発案で電気式計算機の開発を行うことになります。

現在ラインナップされているカシオの掛け時計の基礎となる技術は、樫尾忠雄氏の旋盤工としての技術が基本となっているようです。

カシオ計算機の素晴らしい点は、電子式計算機以外にも掛け時計・電子楽器・デジタルカメラ・デジタルウォッチなど、画期的な商品を購入しやすい価格帯でリリースする所にあります。

そのため、市場でのカシオ製品の普及も早いものとなり、急成長を支える要因となっていたものと思われます。



=関連の記事を読む=

«

»