掛け時計ブランド・イデアインターナショナルの経営者・橋本雅治氏の素顔

数多くの魅力的な掛け時計をラインナップするイデアインターナショナルですが、創業者の一人・橋本雅治氏の経営者としての実力を紹介してみたいと思います。

イデアインターナショナルは、魅力的な掛け時計を提供するだけでなく、商品を購入した人々・そこで働く人たちに”新しいカタチ”を提案している企業になります。

橋本雅治氏は、1961年に大分県に生まれ、大学卒業後はキャノン販売に就職します。
学生時代は、パワーリフティング部で学生チャンピョンになるなどの実績もあるなど、スポーツにおいても頭角を現している人物になります。

キャノン販売では、常にトップクラスの成績を誇るものの、家業のホテル経営再建のために、入社4年で退職を余儀なくされます。

その後、株式会社マルマンでの勤務を経て、1995年に株式会社イデアインターナショナルを設立することになります。
設立当初は、掛け時計などの”時計”を中心とした開発・販売を行っていましたが、事業の拡大により、ライフスタイル全体の提案へと変化していくことになります。

一般的な掛け時計ブランドとは異なり、デザイン力だけでなく、スタッフからも慕われる人柄、そして何よりも橋本氏の実力の高さが一流ブランドを育てたものといえます。



=関連の記事を読む=

«

»