掛け時計ブランド「モンディーン」の魅力

モンディーン(MONDAINE)という掛け時計のブランドは、一般的にはスイスのメーカーだと思われている所がありますが、本来は、1951年にブラジルで設立された企業になります。

創業当初のモンディーンは、「Frank & Bernheim」という名前で、時計の輸入販売している企業でしたが、1954年にモンディーンに社名変更することになります。

モンディーンの偉大な功績は、スイス国鉄のオフィシャル鉄道時計を発表したことです。
現在でも、スイス国鉄の3000ヶ所以上の駅で使用されている、この時計は正確な時刻を必要とする鉄道事業に採用されたことで、非常に大きな信頼を得ることになります。

モンディーンの掛け時計のデザインは、非常にシンプルな印象を受けますが、20年以上の時を経た現在でも飽きのこない素晴らしいデザインだといわれています。

このデザインの特徴は、シンプルさの中に視認性が高いという実用面での機能が含まれていることで、オフィスや自宅などでも重宝されるものとなっています。

そのシンプルさから、モンディーンの偉大さに気付くことが少ないモデルかもしれませんが、リサイクルされた素材を活用したり、環境にも配慮する地球にやさしいブランドとなっています。



=関連の記事を読む=

«

»