モンディーンの掛け時計は環境に優しい作品です

1951年にブラジルで「Frank & Bernheim」として誕生したモンディーンは、現在でも多くのファンが存在する掛け時計のメーカーとなっています。

モンディーンの掛け時計の優れたデザインと、スイス国鉄にも採用されたという「正確性の信頼」は、他のブランドにはないものとなっています。

また、1993年には、「German Design Plus」という環境に対する評価の賞を受賞したり、「アルプ・アクション・コーポレート賞」という、世界の環境保護に関する栄誉ある賞を受賞するなどの環境面での実績も豊富になっています。

高度成長が終焉を迎えて、経済の発展が一定の成熟を見せてからは、環境への配慮が重視されるようになっています。
「良いものを作れば、それでいい!」という時代から、「環境にも配慮して、優れた商品開発を!」という時代に代わってきています。
そのような時代の要請に対しても、元来、環境に配慮してきたモンディーンの製造工場などは、影響を受けることなく、逆に、模範となる企業となっています。

優れた掛け時計などを製造する代表的なブランドとしても、環境に配慮した工場の模範企業としても、今後のモンディーンの発展に大いに期待が集まっています。



=関連の記事を読む=

«

»