リズム時計のコストパフォーマンスに優れた掛け時計

リズム時計が誕生したのは、第二次世界大戦後の1946年に設立された「株式会社農村時計製作所」が元になります。
この農村時計製作所が製作していた時計ブランド「RHYTHM」が、後に社名として使用されることになります。
実際に「リズム時計工業株式会社」が設立されるのは、5年後の1950年になりますが、設立して間もなくシチズン時計の出資を受けることになり、両社はライバルという関係ではなく、共に成長していく関係となっていました。

リズム時計の特徴としてあげられるのは、「CITIZEN」ブランドの掛け時計の製造を引き受けていることで、両社の関係の深さをうかがうことができます。

また、一般的な掛け時計だけでなく、「からくり時計」「デザイナーによるデザインの時計」「キャラクター時計」などに強みを持っているのも、この会社の特徴となっています。

創業時以来、一貫して高い技術力を保持していますので、非常に高品質の掛け時計を生産しているだけでなく、価格も手ごろでコストパフォーマンスの良さがあるメーカーとして知られています。

日本を代表する時計メーカーの一つとして、リズム時計工業株式会社の今後の発展に注目が集まっています。



=関連の記事を読む=

«

»