ドイツの一流ブランド、ヘルムレ(Hermle)の掛け時計の特徴は?

掛け時計の有名ブランドには「ドイツ製」ものが多くありますが、自動車においても掛け時計においても”信頼できる技術“があるのだと思います。

そのドイツを代表するブランドにヘルムレ(Hermle)がありますが、正確な創業の時期は明らかとなっていないようです。
1800年代の後半には、創業者であるFranz Hermle(フランツ・ヘルムレ)が自ら作り上げた時計や、時計に使用する部品の販売を行っていたことが分かっています。

ヘルムレは、主に行商として活動していましたが、本格的にヘルムレ社を設立したのが1922年になりますので、この年を起源とするという記述も見かけます。

ヘルムレ(Hermle)は、歴史あるドイツのブランドですが、現在でも情熱的に掛け時計の開発に力を入れている企業になり、日本でも入手することができるメーカーとなっています。

70906-382200

ヘルムレ(Hermle)の作品には、古くからの伝統的な技術を用いた振り子時計などもありますが、このような和風・洋風住宅に合わせやすいモデルに人気があるようです。
作品の中には、自動車が購入できてしまう程の”高級モデル”もありますが、画像のような入手しやすい掛け時計に人気があるようです。



=関連の記事を読む=

«