ブラウンの掛け時計の大きな特徴は・・・

ブラウン(BRAUN)の掛け時計は、一見、非常にシンプルで、ありふれたデザインのようにも感じてしまうかもしれませんが、ディーター・ラムスの「良いデザインの10カ条」の思想のもとに、計算しつくされた機能美を感じることができます。

そのブラウンの掛け時計の大きな特徴となっているのは、「フレームカバーのない一体型」となっている点にあります。

一般的な掛け時計の場合は、時刻を合わせるときには、壁から取り外して裏側から時刻を合わせると思います。
しかし、ブラウンの場合はフレームカバーがないので、直接、時計針を回転させることで時刻を合わせることができるようになっています。

フレームカバーの有無については、好みが分かれるかもしれませんが、”当然あるべきもの”という固定観念にとらわれることなく、一から設計された作品であることは明らかだと思います。

この作品のシンプルなデザインの中には、無駄なものは一切排除してしまう、というブラウンの大胆さを感じることもできます。

現在では、数多くのすぐれたデザインの掛け時計が販売されていますが、フレームカバーを外してしまうような大胆さを見ることができる作品は、まだまだ少ないように感じます。



=関連の記事を読む=

«

»